中小企業支援実績500社!茨城県内で実績トップクラスの中小企業経営コンサルタント
茨城・水戸・つくば・東京・埼玉・さいたま・千葉・栃木・福島・いわき

当社の特徴料金・助成金マネジメントニュース経営人財育成塾コンサルティングQ&Aプライバシーポリシーリンク集
■セミナー開催決定!! ★参加者募集中★  ■助成金のご案内  ■毎月発行!マネジメントニュースはこちら  ■当社コンサルティングの資料を無料ダウンロード  

不況に打ち勝つ経営戦略・事業計画

会社を継続的に成長・発展させるには
経営理念と具体的な戦略・計画が不可欠です。

経営戦略は企業の方向性を決める重要な部分です。しかし正しい戦略・具体的な戦略を見いだすことはなかなか行われていないのが実情です。
例えばマーケティング・営業戦略。お得意様を多く持つベテランの営業マンは顧客に対して安い金額で受注するのを当たり前と考えるようになってしまいます。また、ある程度の顧客を持つと新規市場や新規顧客開拓にどうしても及び腰になってしまい既存の顧客に固執しがちです。これでは会社にとってもっともメリットのあるマーケティング・営業戦略とは言えません。
 また商品開発においてもいつまでも昔売れたが今では時代に合わず売れない商品を作り続けてしまうなどのケースも多々あります。注意すべきはこれらの問題に内部の目線では気づきにくいということです。常態化してしまった問題は当たり前の事と感じてしまうため、昔からこうなのだからこれで良いんだろうという意識のままになってしまいがちなのです。
不況に打ち勝つ戦略には冷静な内部・外部の経営環境の分析と改善が不可欠です。 あなたの会社の経営戦略は時代に対応していますか?マンネリ・常態化していませんか?
マーケティング・
営業戦略の見直し
商品戦略の見直し
サービス戦略の見直し
事態が深刻になってからではもう取り返すことができません。データに基づいた外部的目線で会社を常に最良の方向に軌道修正する体質を作ることが不況に強い会社作りの第一歩です。

ヒントは「強みと弱み」と「機会と脅威」の分析

経営戦略をたてる上で最も重要なものは、最初に自社の「強みと弱み」の分析です。自社の強い部分を正しく認識して、そこをどんどん伸ばしていきます。その強みを市場での「機会と脅威」を分析することで、機会(チャンス)にぶつけていきます。また、弱みはできるだけ改善していきます。そうすることで、自社の強みを生かした最適な戦略を作り上げることができるのです。
更に、お客様の視点を重視することも忘れてはいけません。例えば以下の項目について、チェックをおこなっているでしょうか。
・他社サービスとの比較(他社と比べて競争力のある商品・サービスかどうか)
・利用後のフィードバック(顧客から得られた自社商品の満足度を反映)
・苦情やトラブルの原因究明・解決
これらの項目について複数のお客様の視点を想定し、取り入れながら具体的な戦略をたてていきます。

経営戦略の文書化・共有

経営戦略は営業方法・商品戦略・サービス戦略・トラブル処理など経営に最低限必要な戦略です。これらの戦略はただたてるだけでは意味がありません。文書化・データベース化をし、社員全体で共有することが大切です。
また経営戦略は時代によって流動的に変化します。環境の変化・顧客ニーズの変化を柔軟にとらえ、毎年戦略を刷新していくことが現代の企業にとって必要なのです。

中小企業にこそチャンスがある!

中小企業には大企業にはないメリットがあります。それは規模が小さいからこそできる「一体化」と「フットワーク」です。時代や顧客ニーズに合わせてスピーディにキメ細かな対応を会社全体でできるということは中小企業ならではのことです。
変化は進化です。進化し続けることこそが不況を生き抜く最も有効な手段です。
株式会社マネジメントセンターでは経営戦略について、
数々の中小企業への実績を生かした、御社の実情に沿った
具体的な提案・アドバイスをいたします。
お気軽にご相談ください。
当社でコンサルティングさせていただいた
お客様の成功事例です。

業種別で見る

コンサルティング内容別で見る

経営革新と自己革新を通して、お客様、社員、社会の
成長を創造していく。それが当社の使命です。
このコンテンツにはpdfファイル・flashファイルが含まれています。閲覧にはAdobe®Reader®およびAdobe®Flash®Playerが必要です。
Copyright 2017 Management Center Co.,Ltd. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.